東京女子大学 人文学科 英語文学文化専攻

資料のご請求はこちら

役者さんにインタビューしました!A Bilingual report: Interviews with the actors

ITCL公演 The Merchant of Venice
Interviews with actors

講演後の懇親会の席で、学生編集部員が役者さんお二人にインタビューしました。
After the performance we had inteviews with two of the actors.

英語の書き起こしにあたっては、アンジェラ・ダヴェンポート先生のご指導をいただきました。
大変残念ですが、ダヴェンポート先生は2015年9月で東京女子大学を退職され、イギリスに移住されました。
先生のご尽力に深く感謝申し上げます。(学生編集部)
Ms Angela Davenport had given us kind help and guidance in preparing transcriptions of English from recorded voice data. We would like to express our heart-felt thanks to her. Regrettably she left TWCU in September 2015 and moved to England where she now lives with her husband. We miss you and our love will always be with you, Angela sensei!

(Student Editors)

最初はAさんのインタビューです
Interview with Mr. A.

Do you use different elocutions for verse and prose?
韻文と散文で話し方を変えているのですか?

A lot of the speeches in the original text have been left alone in this production. It has been not too changed, because this particular production is very much designed for a foreign language audience; and we are lucky in China and Japan to have subtitles. When we tour in Europe, in Germany, or France, we don't have subtitles. So we have to make it as understandable as possible.
今回の上演では、多くの台詞は原文のままにしてあります。この芝居は、英語以外が母語である国々の観客のために作られているため、あまり台詞を変えすぎないようにしています。中国や日本の公演で字幕があったことは、私たちにとって幸いでした。私たちがドイツやフランスといったヨーロッパの国々で公演をする際、字幕はありません。そのため、できるかぎり分かりやすく演じなければならないのです。

It's a delicate balance because half the company's income comes from private audience members as in public performing theatres so it's the general public coming to watch.
Sometimes, the theatres are entirely booked out by school children — 16-year-old German children. So you have to take it into account what that is paying your wage, that is, it is the schools that contribute to pay the money.
You have to make it as understandable as possible for the children; and that generally means changing one or two Shakespearean sentences as best as you can to fit with the verse in modern English just to keep clarity— just to keep understanding.
I personally don't like to change too much. When my director says, "Can we change this line to something modern?" I always get a little apprehensive but I understand why.
微妙なバランスをとらなければなりません。なにしろ、私たちの劇団の収入の半分は、普通の商業劇場の場合と同様に、観劇に来る一般の観客から入るのですから。
時には、劇場が学校の生徒でいっぱいになることもあります。ドイツでは16歳の生徒たちで劇場が埋まりました。そのため、お金を払ってくれるのが誰なのか、考慮しなければならないのです。結局は、費用の支払いに貢献してくれるのは学校なのです。
そのため、私たちは子供たちにもできるだけわかるように、演じなければなりません。それはたいていの場合、シェイクスピアのセンテンスの一つか二つを、韻律に合うようにしながら、現代英語に変えることを意味します。明晰さと分かりやすさを維持するために、そうするのです。
私自身はあまり台詞を変えることは好きではありません。監督が、「この台詞をちょっと現代風に変えることはできないかね?」と求める時、いつも私は少し不安になるのですが、監督がそのようなことを要求する理由もわかるのです。

But if we were performing exclusively in the UK, it would be a slightly different show, as we would just stick to the 100% original text. I would say the production that you've just seen is about 90% original Shakespeare with a couple of belly dancers and bull fights thrown in.
しかし、もし私たちがイギリスだけで公演をするならば、百パーセント原文のままにするでしょうから、ちょっと違った芝居になっていたでしょう。あなたが今ご覧になったものは、シェイクスピアのオリジナルの部分は9割くらいで、ベリーダンスや闘牛まで混ぜてありました。

Is The Merchant of Venice a tragedy or a comedy?
ヴェニスの商人は悲劇でしょうか?喜劇でしょうか?

I think it' s complex. I think it's a tragedy within a comedy. I think the important thing to remember with this play is that there're really no heroes. No one is guiltless. You know, Antonio is not a very nice man. He's really not. And neither is Shylock. Yes, Shylock is a victim in society, his persecution, the anti-Semitism, and everything. But he is also a tyrant himself. He's pretty horrible at home to his daughter Jessica, which is why she leaves.
複雑な問題ですね。私は喜劇の中の悲劇だと思います。私は、この芝居で意識していなければならない重要なことは、ヒーローがいないということだと考えています。罪のない人間は誰一人としていないのです。たとえば、アントーニオは決して誠実な人物ではありません。シャイロックもそうです。たしかに、シャイロックは、迫害とか、反ユダヤ主義とか、その他いろいろあって、社会の犠牲者でもあります。その一方で、彼は暴君でもありました。彼は、家では娘であるジェシカに対して、かなり冷酷な扱いをしていました。これは、ジェシカが家から出て行ってしまった理由でもあります。
Yes, there's no winners and there's no losers, which is why the ending is a bold choice to have Shylock kill himself. And Antonio, even though he's a rich man, he has his life, he has half the Shylock's money, he is still unfulfilled; he's still not happy. That is in the text. You know, we decided to put the first line, of the show, at the end of the play to show Antonio's discontent with his happiness. And the audience can very much interpret why he is sad about himself. Whether that is because he is secretly in love with Bassanio? Whether he is distressed for whatever reason. You know, we make it ambiguous and let the audience decide because it is quite an ambiguous play. It's a very tricky play to perform in this day and age.
この芝居には勝者もいなければ敗者もいません。この芝居の結末で、シャイロックの自殺という大胆な選択をした理由も、そこにあります。
そして、アントーニオにしても、金持ちになったし、命は助かったし、シャイロックの財産の半分を手に入れたのですが、それでもなお、満たされない気持ちを抱いています。幸せではないのです。これは原文でも分かります。
あなたも知っている通り、私たちは芝居の最初の台詞を最後に置くことに決めました。それは、アントーニオが幸福について抱く不安を示すためなのです。そして、観客はアントーニオがどうして自分に不満なのか、解釈することができます。彼はバサーニオに対して密かに同性愛を抱いていたのだろうか?理由が何であれ、気が滅入っているのだろうか?つまり、私たちはアントーニオの悲しみの理由をあいまいにして、観客に決めてもらうようにしたのです。これはあいまいな芝居なのですから。『ヴェニスの商人』は、今の時代に上演するには扱いにくい芝居です。
In Shakespeare's day, it would have been very clear, who was the villain, and who was the hero of the piece, because there was in Shakespeare's time, in late Elizabethan and late fifteen hundred's, there was a lot of anti-Semitism, hatred and mistrust of the Jewish people, so when it was performed, the audience would very much be on the side of the Christians and not at all empathizing with Shylock.
シェイクスピアの時代では、誰が悪役で誰がヒーローであるのか、明確だったでしょう。なぜならエリザベス朝後期、つまり1500年代後期には、反ユダヤ主義、つまりユダヤ人に対する憎悪や不信が多く見られたからです。そのため、『ヴェニスの商人』が上演されたとき、観客はみんなクリスチャン側に立っていて、誰もシャイロックに共感などしなかったのです。

続いてBさんのインタビューです
Interview with Mr. B.

This play was written as a comedy, but in some scenes, it seems to be a tragedy. Is this story a comedy or a tragedy for you?
『ヴェニスの商人』は喜劇として書かれましたが、いくつか悲劇的なシーンが含まれています。この作品はあなたにとって喜劇ですか?それとも悲劇ですか?

Well, it's one of the issues of the play today. It's how to view it. I guess it's probably best classed as what's called a "tragi-comedy", so it's funny but tragic at the same time.
それはこの芝居の今日的な、どのような視点から見るかという問題ですね。 "Tragi-Comedy"と呼ぶことができると思います。楽しくもあり、同時に悲劇的でもある。
Part of the problem is the change in society since Shakespeare wrote it. When Shakespeare wrote the play, it was probably much, probably a lot lighter than it is for us today. Because, for instance, in the trial scene, when Shylock is forced to convert to Christianity, for the audience of that time, that was a great result. Because his soul was being saved.
問題はシェイクスピアの時代と社会が変化していることです。シェイクスピアが作品を書いた時代には現在よりも問題が軽く受け止められていたと思います。なぜなら、シャイロックがキリスト教に改宗させられることは、当時の観客には「良い結果」として受け止められたからです。彼の魂が救われるわけですから。
So, it's over time that that has become a very nasty thing to do. And it's become a quite tragic moment rather than a happy ending for Shylock. So it's changed over the years as society's view of different religions and things has to have changed.
しかし、時代が進むにつれてこの行為を「意地の悪い行い」とする見方も現れ、シャイロックの結末は彼にとって幸福ではなく悲劇とされるようになりました。つまり、時間の経過によって、違う宗教に対する社会の視点が変わったのです。
Having said that, it's very cleverly written to be funny, but also to allow the character of Shylock to not just be a villain. Not just be a comedy villain, but he actually has a very real person. So he is not evil, he is not good! But he is not evil. So it's a very interesting bit of writing.
それはそれとして、この作品は大変うまく書かれた楽しい芝居なのです。しかし、同時にシャイロックをただの喜劇の悪役ではなく、リアルな人間として、巧みに描いていると言うことができます。シャイロックは良い人間ではありませんが、同時に悪人でもないのです。大変興味深い作品です。
And I do wonder whether the reason it's partly a comedy is to make the tragic aspect easier for the audience of the day. If it was just a play about, "Look how mean these Christians are treating this Jew," it probably wouldn't have gone down very well. But, if you make it a comedy, and then slip that in, sort of have that message in it as well. And it's not just the Christians mistreating the Jews; the Jews are not nice to the Christians, either. So it's a bit of both.
喜劇的要素を含んでいる理由として、悲劇的側面を今日の観客にも受け止めやすくするという点が言えるのではないかと思います。もしこの作品が、ただキリスト教徒がユダヤ人を冷遇するだけの内容であったら、観客は落ち着いて観ることはできないでしょう。
しかし、喜劇の中に伝えたいことをすべりこませることによって、キリスト教徒がユダヤ人を冷遇し、ユダヤ人もキリスト教徒を良く思っていないことについてのメッセージを表現できているのです。

In this play, Shylock is the only Jewish character. How do you express the differences between him and the other characters?
シャイロックは作中で唯一のユダヤ人ですが、他のキャラクターとの違いをどのように表現していますか?

Um, that's a very interesting question. There are differences; obviously the costumes are very different from what others are wearing. And, he's different for a lot of it in terms of age, and I suppose in the tone in which he speaks, the way in which he speaks; he's quite different.
You see, but that's the interesting thing, though, because the costume isn't my choice, that was the costume designer and the director. And the script isn't my choice, that's Shakespeare.
大変面白い質問ですね。シャイロックには多くの違いがあります。衣装もそうですし、年齢という観点からも、話すトーンもとても違います。面白い事に、コスチュームはデザイナーが決めたもの、台詞はシェイクスピアが書いたもの、とどちらも私の選択ではなく、どちらも違いがあります。
So, have I done something different? I don't know if I can answer that. All I can really say is that I tried to play the character that I saw in the text, because the character is different in the text that it comes across differently from that. But I don't think there was the point for I consciously said, "I would do this like this, to make my character different from the others".
I'm going to go home and think about that!
で、何か違った演技をしたかということですが。何と答えたらいいのか、難しいですね。確信して言えることは、私は私の考えたキャラクターの性格をテキストから見いだしているということです。何故なら、キャラクターの性格はテキストによって異なるからです。なので、自分のキャラクターと他のキャラクターとの違いを表現する為に意識的に、ここをこうする、ということはしていないと思います。
家に帰ってもう一度この質問について考えます。

Which point do you feel difficult or fun to act in this play?
この劇を演じる際、難しいと感じる点、楽しいと感じる点は何ですか?

Oh, difficult? The "I am a Jew" speech. "Hath not a Jew hands?"(Act 3 Scene1 l.49) Because, it is one of the most famous speeches in the English language. There is a certain pressure, every time I get to it. So, that bit, it's not hard, because of the text, or because of the stuff going on, but it's difficult because it's so well-known. The pressure of it. So that makes it quite tricky.
But also, I'm trying to think…. There's a moment in the trial scene, when I haven't said anything for a while, and I've got a few short lines that interjected. That's difficult, because I have a habit of forgetting that I've got those lines. So I say them, but I just remember just in time. I just remember just in time that I've got them, but I keep forgetting. So, that's a different kind of difficulty but….
ああ、難しいところですか?それはまず、 "I'm a Jew" Speechです。(Hath not a Jew hands(3幕一場49行目))なぜなら、これは英語の台詞の中で最も有名な台詞の一つだからです。この台詞を言うときは常に、いくらかプレッシャーがありますね。台詞が難しいからとか長いからという理由ではなく、「良く知られている」というプレッシャーの難しさがあります。そこが一苦労ですね。同時に裁判のシーンでは、しばらく何も言わず、いくつか短い台詞を差し挟むところがあります。そこが難しいです、何故なら衣装を着ていると台詞を忘れそうになるからです。台詞を言っていますが、その時その時で思い出しているのです。難しさの性質は違いますがね。

So, both of the long lines and short lines are difficult?
長い台詞も短い台詞も同じように難しいということですね?

Yes! The longest bit and the shortest bit.
Now, what's fun is that, after the trial scene, I come back on the stage as the servant, and I have no lines, and I just walk across the stage and back. The best bit of the show for me. I love it. That's the most fun bit for me. Wonderful.
そうです!いちばん長いのといちばん短いのと。
演じていて楽しいのは、裁判の場面の後、召使い役として舞台上に戻ってくる時です。台詞はなく、舞台上を往復するだけです。私にとっては一番の場面で、大好きです!ここが一番楽しいですね。すばらしい。

Does it have any meaning that you act both the role of Shylock and the servant?
あなたがシャイロックと召使いの両方の役を演じる事は何か意味が込められているのですか?

I'd loved to say "yes", there is a meaning behind it. But no, it's just there is only six of us among and the only free person to play that part. That's it. I'm afraid.
The first time that character appears on the stage, everyone else on stage, so, it's got be me. So that's it, sorry. If we think about it, I'm sure we can give it meaning, but, no, necessity.
そうです…と言いたいところですが、残念ながら特に意味はないです。役者六人の中で、わたしがその場面で唯一空いていたのです。召使いが初めて登場する時、全員舞台上にいるからです。考えようと思えば意味をもたせることも出来ますが…必然だったという事ですね。

The climax in this drama is the trial scene in Act 4. Do you have some key points in acting this scene?
この劇の中で見せ場は裁判の場面ですが、この場面を演じる際に重要なキーとなるところは何かありますか?

Um, yes. It's an interesting scene for me. Because, I start with two quite big speeches at the top of the scene. And then, it goes into the little lines of bits and pieces.
そうですね。この場面は私にとって面白い場面です。何故なら、私は始まりを二つの長いスピーチで始め、だんだんと短い台詞になっていくからです。
And obviously, there is a key moment of nearly stabbing Antonio, that's quite a key moment to get. For me, it is one of the key moments, and this is the entirely down to the way I've chosen to play rather than script-wise is, there is the moment when Shylock starts to doubt. And this is my choice, it's not script.
明らかに、アントーニオをまさに刺し殺そうとするところが重要な瞬間です。これは私にとっても大切な瞬間の一つでもあります。ここは、どのように演じるかは台本よりも私が決めるところなのです。シャイロックが疑い始める瞬間、それは台本ではなく私の選択なのです。
But there is the moment when Antonio is speaking to Bassanio, and Shylock starts to have a moment of "am I really gonna kill this man? Can I actually bring myself to do this?" And then, Bassanio talks about, "I'll give up my wife and everything to save you." And Shylock switches back again, Shylock "Yes, I'm going to do this." That's just a personal think, I've got no lines for it. And it's almost entirely internal rather than anything there.
"I'm going to kill him", it's less interesting, it's less exciting. And it makes Shylock less humorous as well. If he's unsure, if it could go either way, it makes a bit more exciting, more interesting. So, that's the key point to get that balance.
アントーニオがバッサーニオに話すところがありますが、ここでシャイロックは「本当にこの男を殺すのか?」「本当にナイフを振り下ろして良いのか?」という思いを持ちます。そして、バッサーニオは「君を助ける為ならば妻をも、何もかも諦めよう」と言います。ここでシャイロックは「やってやろう」と思い直します。
これは私の考えで、台詞はなく、ほぼ全て心の中で起こることです。しかし、シャイロックが人を刺すという時に、本当に殺すのかという不安、ためらいなどをふりほどいて、殺そうと意識を奮い立たせる様子がおもしろいです。彼がもし疑っていたとしたら、迷っていたとすれば更に興味深いです。
「殺してやるぞ」と思っていただけならあまり面白くないですよね。同時に彼の人間性があまり出ませんよね。彼がもしどちらをとるか迷っていたとすれば、もっと面白いですね。そのバランスが私にとって大切なポイントです。

ページトップ