東京女子大学 人文学科 英語文学文化専攻

資料のご請求はこちら

読書リレー
第1回 The Buried Giant 『忘れられた巨人』

こちらのコーナーでは、HP編集部員オススメの洋書を紹介していきます☆
みなさんも英語文学の世界に浸ってみませんか^^?

ということで、記念すべき(?)第一回目に紹介いたします作品はThe Buried Giant、翻訳版の題名は『忘れられた巨人』(早川書房)。
この作者は、Kazuo Ishiguroという方で、現在話題のドラマ『私を離さないで』の原作Never Let Me Goを書いた方でもあるのです!
The Buried GiantNever Let Me Goから10年、待望の最新作となっております。
…と、前置きはこのくらいにして、ストーリーをご紹介します(´▽`)ノ

【ストーリー】
舞台は6世紀頃のイングランド。主人公はAxlとBeatriceの老夫婦。
彼らを含め、人々はなぜか過去の記憶を忘れている。原因は村を覆うmistのようだが…
ある日、AxlとBeatriceには長年会っていない息子がいることを思い出し、息子を探すため旅に出る。
旅を続け、様々な人々と出会う中、徐々に過去が明らかになっていく。全ての記憶が戻ったとき、彼らはー。

この作品は、単なるおじいちゃんとおばあちゃんの旅物語ではありません(笑)
失われた愛、復讐、戦争の記憶が描かれているのですが、一度読んだだけでは、正直なところ良く分かりません…
というのも、時間が行ったり来たりしたり、全然違う話に変わったりということが頻繁にあるため、最初は混乱するからです^^;
さらに、mistに覆われた村のように、この物語全体も曖昧な部分が多いまま進行していくため、最後までもやもやとした気分を引きずることになります。

一方、旅の複雑な描き方とは対照的に、あっさりとした結末には、皆さん驚かれるのではないかと思います。
私は初めて読んだとき、「あれ?続きは?」と最後の文まで読んだにも関わらず、次のページをめくってしまいました(笑)
初めて読むと、内容の重要ポイントの多さに圧倒されるだけになってしまうので
私としては一度読んだら頭を整理して、もう一度読んでいただきたいと思います^^
二度読めば、Ishiguroの魅力がきっと分かるでしょう\(^o^)/
もちろん、翻訳ではなく原作を読むことをオススメします☆

The Buried Giantまずはお手にとって、読んでみてください(^^♪

ではでは、良い洋書ライフを~!

Yuki Kasugai

以下は出版社のサイトです。

ページトップ