東京女子大学 人文学科 英語文学文化専攻

資料のご請求はこちら

編集部員夏休みレポート「フィジーで夏休み!」

Report by Yuki Kasugai

夏休みは夏らしいことをしたい!
…ということで、今年はハネムーンで人気のリゾート地、「フィジー」に行ってきました(*^^*)
皆さん、フィジーってどこにあるかご存知でしょうか?
オーストラリアのもーっと東にある、小さーい島国です。気になる方は調べてみてくださいね♪

今回フィジーに行った期間は2週間。
平日は学校で英語の勉強をしていました!学生は日本人がほとんど(というか全員?)でしたが、English Only Policyというルールの下、休み時間でも英語で会話をしていました\(^o^)/
授業内容は文法、プレゼン、ディベートと多岐に渡り、改めて英語の楽しさを実感することができました!

↑こちらが2週間通った学校。

実は一番大変だったことは、勉強よりも家から学校までの道を覚えることでした。
徒歩40分の道を、グーグルマップを使えず、頼れるのは字が細かすぎる地図だけというのは、方向音痴の私にとってはかなりの苦行(笑)しかも、景色がどこも似ているんです(笑)
見渡す限り、緑と茶色!たまにお店!目印のなさには驚きました(笑)
しかも、初日の学校オリエンテーション後の解散場所は学校ではなく、タウンの中のスーパーマーケット!
見知らぬ土地の見知らぬ場所から、ホームステイ先まで帰らなくてはなりませんでした(^^;)
まだ明るかったことと、一応地図もあったので大丈夫だろうと思い、意気揚々と歩き出しました。
タウンは色々なお店があるため、たくさんの人で賑わっていました☆

こんな立派な建物もありました(*’▽’)

楽しくタウンの中を歩いていた私ですが、このあと完全に迷子になったのは言うまでもありません(笑)
見知らぬおじさんについて行き(危険なのでマネしないでください!)、そのおじさんも道が分からないと言い出したので、その知り合いの方々に助けていただき何とか家に辿り着けましたε-(´∀`*)
このように、初日はドタバタでしたが、それもまた良い思い出になりました(^^)

私が迷子になった話はこの辺で終わりにして、
ホームステイでお世話になった家族を紹介します(^^♪
行った国はフィジーですが、ホストファミリーはインド人でした!
フィジーはもちろんフィジー人が住んでいますが、インド人も多いのです。
というわけで、フィジーでインド人生活をするという面白い体験をすることになりました(笑)

左がとっても陽気なハウスキーパーさん、真ん中が優しいホストパパ、一番奥がすごく頼れるホストマザーです!

そして、この子は一人娘のヨナちゃん♪すごく仲良くなれました(*’▽’)

インド人の食といえばカレーが思いつく方は多いと思います。
まさにその通りで、私は毎日カレーかカレー味の何かを食べていました(笑)

例えばこれは初日の夜ご飯。チキンカレーです。
他にはシュリンプカレー(殻ごと入っているため、食べるのが大変)やキーマカレーのようなものもありました。
学校に持って行っていたのは、お弁当代わりにロッティー!

こちらがロッティー。食べかけです(笑)
見て分かるように、ロッティーとはナンとカレーのことです。
カレーの味が毎回違ったからか、毎日食べても全く飽きませんでした♪
毎日カレーは食べていましたが、たまに違う料理も食べました!

ホストファミリーとビーチに行ったときは、ハンバーガーやチキン、休日は手作りピザを食べました!
このピザはおいしかったのですが、すごく辛いチリも散りばめられていることを知らずに食べてしまい、口の中が大惨事になりました(笑)ある意味、この味は忘れられない味となりました(笑)
リゾート地として人気のフィジー。ビーチに行かないと、フィジーに行ったことにならない!
ということで、平日は学校でしたが、休日にはビーチに行ってきました(*^^*)
まずは、ホストファミリーと行った地元のビーチをご紹介\(^o^)/

素人が撮影してもこのきれいさ…!天国ってこんな感じなのかな、と思いました(笑)
私の住んでいるところは海なし県なので、本当に感動しました!
しかも実は、海に入ったのは人生初!そんな初の海水浴が着衣水泳になるとは思っていませんでした(笑)
強い日差しで、腕も髪も焼けてしまいましたが、本当に楽しかったです(^-^)

フィジーで仲良くなった子と、「コーラルコースト」というところに行ってきました!
とてつもないロングビーチで、端から端まで歩くと4時間もかかるそうです!

曇っていましたが、白い砂浜と澄んだ海はずっと見ていても飽きませんでした(*´▽`*)
右の写真はThe☆南国ですね(笑)♪
ここでは、乗馬もしてきました\(^o^)/

私が乗ったのは、スノーウィ―ちゃん♡とても大人しくて、かわいかったです(*´▽`*)
30分間、きれいな景色を見ながら乗馬とはなんと贅沢な時間…!

平日は学校、休日は全力で遊び、2週間はあっという間に過ぎてしまいました。
多くの人が色々な期間で留学に来ているため、毎週金曜日は卒業式があります。
私も学校最終日に参加しました!

卒業式の様子↑
先生方がノリノリで何曲か歌ってくれて、そのあと卒業証書を渡され、クラス別に代表者がスピーチをする
という流れでした。
この日の夜は、ホストファミリーと過ごす最後の時間となりました。
最後の2日間は、普段とは違うフィジー料理を出してくれました!

左側がロボ(左:チキン、右:芋のようなものの燻製)、右側がロロ(スープ)、キャッサバ(黄色)、焼き魚。
毎日カレーだったので、久し振りにカレー以外のものを食べられて嬉しかったことを覚えています(笑)
そして、フィジー伝統の飲物もトライしてみました!

それがこちら!

カヴァという飲み物です。キャッサバの根から摂れるらしいです。
甘いと言われていたのに、苦かったので驚きました。
飲み方も決まっていて、
①BULA!と言って、一拍手②両手で持って、一気飲み③VINAKA!と言って器を返したら、三拍手

↑飲んでますね。

ほぼインドの生活を体験していた私ですが、最後はフィジーの文化もしっかり学ぶことができました。
初めて海外でホームステイをしたのは5年前。
その時と比べて、意志の疎通ができるようになったことを実感しました。
がっつりインド英語に触れられたことも、良い勉強となりました。
今回の超短期フィジー留学を通して、ツールとしての英語をもっと磨きたいと思ったことはもちろんですが、自分の言葉でちゃんと語れる教養も身に着けたいと思いました!
今の自分にとって深めたい、あるいは深めるべき教養はイギリス文学!
ということで、卒論頑張ります(`・ω・´)

フィジーではここでは書ききれなかったような驚くことがたくさんありました!
国は小さいですが、行った人には大きな影響を与えること間違いなし。
変わった国に行ってみたい、どこでも良いから海外に行きたい!という方、
ぜひ行ってみてはいかがでしょうか(^^)/☆

今回利用した旅行会社、SPFBさんのHPはこちら→http://www.southpacificfreebird.co.jp/

ページトップ